001

2016年6月12日日曜日

【女子美アートミュージアム】女子美染織コレクション展Part6×渡辺家コレクション TEXTILE DESIGN – 時代をうつす布 –













































現在、女子美アートミュージアムでは、
女子美染織コレクション展Part6×渡辺家コレクション TEXTILE DESIGN – 時代をうつす布 –を開催しております。

2016年06月11日(土)~07月24日(日)

展覧会詳細
http://www.joshibi.net/museum/jam/16/watanabeke/index.html


皆様のご来館をお待ちしております。






















2016年5月13日金曜日

【女子美ガレリアニケ】 女子美術大学美術館 新収蔵作品展
























現在、女子美ガレリアニケでは「女子美術大学美術館 新収蔵作品展」を開催しております。
是非、足をお運びください。

「女子美術大学美術館 新収蔵作品展」
2016年4月8日(金)~6月15日(水
⇒展覧会詳細

【女子美アートミュージアム】「女子美の新星」























現在、女子美アートミュージアムでは「女子美の新星」を開催しております。
是非足をお運びください。

「女子美の新星」
2016年4月7日(木)〜5月22日(日)
展覧会詳細

【歴史資料展示室】 女子美術大学美術館コレクション公開 第27回『レース』

現在、杉並キャンパス歴史資料展示室女子美術大学美術館コレクション公開スペースにて、「レース」を公開中。
詳細ページ














女子美術大学美術館コレクション公開 第27回 『レース』
2016年5月13日(金) ~ 6月27日(月)
女子美術大学歴史資料展示室
女子美術大学歴史資料室ウェブサイト

2015年12月17日木曜日

【型紙について】

今日までTwitterに上げてきた型紙についてです。

型紙は鎌倉時代から南北朝時代に作られ始め、桃山時代に完成された技法といわれています。今回展示してある40枚の型紙は同じような大きさ(約25cm×約47cm)で作られました。この大きさから江戸時代中期から後期にかけて制作されたものと考えられます。使用されていない型紙もあれば、度重なる使用により黒ずんでいるものもあります。

型染めの道具として発達したのが型紙です。型紙はまず三枚の和紙を柿渋で貼り合わせ、乾燥させて、型紙の土台となる形地紙を作ります。型染めには糊や糊落としに水分を必要とするため、何度も型紙を使用できるように柿渋によって防水加工が施されます。

この形地紙に錐などで細かい穴を彫って模様を彫刻します。
模様を彫る技法は4種類あり、「錐彫り」「突彫り」「道具彫り」「縞彫り」に分類されます。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
『雨に桜模様型紙』


制作年代 19世紀 
制作地 日本
寸法 外寸 180×391mm 模様寸180×391mm
材質・構造・技法 渋紙 道具彫り
作品番号 2212-33-86  

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
『海藻模様型紙』


制作年代 19世紀 
制作地 日本
寸法 外寸257×443mm 模様寸157×402mm
材質・構造・技法 渋紙 錐彫り
作品番号 2212-33-142

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
『椿模様型紙』


制作年代 19世紀 
制作地 日本
寸法 外寸252×471mm  模様寸155×409mm
材質・構造・技法 渋紙 道具彫り
作品番号 2212-33-91

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
『亀甲模様型紙』


制作年代 19世紀 
制作地 日本
寸法 外寸257×453mm 模様寸146×401mm
材質・構造・技法 渋紙 錐彫り
作品番号 2212-33-305

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
『千鳥模様型紙』


制作年代 19世紀 
制作地 日本
寸法 外寸222×424mm 模様寸156×389mm
材質・構造・技法 渋紙 道具彫り
作品番号 2212-33-251

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
『でんでん太鼓模様型紙』


制作年代 19世紀 
制作地 日本
寸法 外寸253×457mm 模様寸 153×397mm
材質・構造・技法 渋紙 錐彫り
作品番号 2212-33-79

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(この他の型紙や詳細はカタログに掲載されています。ぜひご覧くださいませ。)
こちらの作品は、現在、女子美術大学相模原キャンパスにある女子美アートミュージアムにて開催中の「女子美染織コレクション展5 
KATAZOME」で展示しています。
残り少ない期間ですが、貴重な型紙、着物、型染め作品などを展示していますので、
ぜひお越しくださいませ。

「女子美染織コレクション展 Part5 KATAZOME」
2015年11月14日(土)~12月20日(日)
女子美アートミュージアム
展覧会ページ